<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧




2016年のTOTAL PONKOTUS SYSTEM を振り返る

いよいよ今年もあとわずか。

皆さんはどんな年でしたでしょうか?

世の中もいろいろあったけれど、とても書ききれないので今年のバンド活動で感じたことだけを書きます。

年明けの一月から静岡の企画に誘われて TOTAL PONKOTUS SYSTEM で初めて東京以外のところで演奏ができました。(静岡のおでん汁は本当に黒かった)

以降、今年やったライブを振り返るとreggae、dub、punk rock、hard core punk、garage punk、ska punk、noise music、new wave... などなど音楽ジャンルなんかどうでもよいが、様々なスタイルの方と共演することができた。

メンバーそれぞれ仕事や暮らしでいろいろあってもステージに上がればどうにかなった。

その日によってライブの出来不出来はあったけれど、どの日も印象深く楽しくない企画は一つもありませんでした。呼んでくれた皆さんありがとう!観に来てくれたお客さんありがとう!

欲を言えばきりが無いけれど、まだバンドがやれてオリジナル曲を人前で演奏できるという状況にも今更ながら感謝したい。

幸せのハードルが低いのでしょうか?笑

来年になればまたひとつオッさんになるわけですが、周りをみれば歳上でもそんなことを感じさせないカッコいい方々がたくさんいるので、僕らも気持ちはつねに若々しくありたいと思う 笑

マイペースなバンドだけど来年もよろしくお願いいたします。

それではちょっと早いけど皆さん良いお年を〜!

TOTAL PONKOTUS SYSTEM
リーダー・ベース / いかりや



[PR]



by t_p_s | 2016-12-26 10:58 | バンド | Comments(0)

mola mola CD発売記念ライブ終了〜

先週土曜日の西荻窪pitbar のライブに来てくれた皆さんありがとう。

久しぶりに来てくれた友達もいて嬉しかったです。

共演バンド全て良かったのですが、各バンドさんについて印象に残ったことを勝手に書かせていただきます(語彙が少ないので的はずれだったらごめんなさい)

EARTH TEMPLE は前に企画に出てもらったこともあり久々の対バン。ドラムも二台の編成で民族的にズンドコ来るかと思いきや、爽やかなフレーズも飛び出し、ちょっと未来派みたいな感じもしたり、そして元々どハードコアな人達の集まりだけにジャギッとしたスパイスもちゃんと効いていました。

ボーカルの方は前のバンド(NADA CAMBIA)の頃から存在感ある人だな〜と思います。

THE DEAD PAN SPEAKES はもう前から個人的にファンなんです。いつ観てもハズレがありません。今回もシラフの俺を遠くまでぶっ飛ばしてくれました。

毎回演奏もカッチリしてるし、ミュージシャンシップの高い人達だなと思います。

音楽以外のどーでもいい話もできて楽しかったです。

バンドマンで音楽以外の話もできる人が俺は好きだ。

NO はなんだかんだ縁があって何度も対バンしている。
激情系だけど泣き言系じゃない突き抜けたPUNK ROCKにNEW WAVE な空間系の雰囲気がプラスされていて良かった。そして独特な日本語の歌詞の響きはやはりNO ならではだった。

相変わらず潔いステージングでした。

お次は俺ら。

今回のライブを区切りに「特殊ギター」のぐっさんが諸事情によりしばらくお休みするのですが、それもおっさんバンドの定めだと思っております。

ぐっさんは来年には戻ってくる予定ですので、その時はまたよろしくお願いいたします!

そういった事情やらなんやらはさておき悪くないライブはできたとは思う。

この日は「ごのせん」のひろし君にDUB MIXをお願いしました。ポンコツメンバーの濁朗くんとはまた違ったDUB解釈が新鮮で楽しめました。

THRH は相当な暴れん坊だった。

自分達のライブの後だったので申し訳ないが店の扉の外に出て通路で少し休んでいたら、ボーカルの人が絶叫しながらそこまでグイグイ突っ込んできた 笑

ちょっとビビったが思わず笑ってしまった 笑

気になったので下に観にいくと他のメンバーも大暴れしていた。音も狂暴、ステージングも実に狂暴だったけれどライブ後に交わした挨拶は爽やかな好青年達でした 笑

SK8NIKS
大阪の人達でしたが前から名前は知っていました。
ハードロックな気持ち良いリフ満載のあまり速くないハードコアで最高でした。

「速すぎない」ってところが実にツボ。

聞こえてくる歌詞も良かった。

ボーカルの人はどこかスカムな感じもして、カッコいいんだけれど、ちょっと笑ってしまうようなステージングが素晴らしかったです。

そしていよいよトリの mola mola

反復リフが気持ち良いPOST PUNK的なリフ〜突然疾走したり、かと思えば発信器がキュイーンと鳴り響いたりと、なんかモグラとかハリネズミみたいな小動物がどんぐり食べながらキーキー鳴いてるような雰囲気がありました。

かわいらしいけれどトゲもある。だけど全力疾走しても手で捕まえられそうな感じの小動物系サウンドだと思いました。

売れそうなバンドだと思います。

楽しい良い企画に誘っていただきありがとうございました!

追記
ライブハウスで同年代の人に会うと大抵、病気や体調の話になるのですが(もずくは痛風に良いとかさ笑) 皆さんにはなるべく健康でいてほしい。

もう40過ぎまで生きたら今さらTOO YOUNG TOO DIE でもないし。

長生きしてPUNK糞ジジイやPUNK糞ババアになりましょうよ 笑

いかりや







[PR]



by t_p_s | 2016-12-19 15:03 | バンド | Comments(0)

THE DECLINE 3

ドキュメンタリー映画 THE DECLINE の最終作を観ました。

今回は90年代のLA PUNKS の生活を追った内容です。

一口にPUNKSと言っても古今東西いろいろな境遇の人がいるとは思うけど、今回の作中に出てくるPUNKSは親や家族の問題で10代にして家を出たり追い出されたりして、路上生活者となったり、スクワット(空いてる家に不法に住む)しながら共同生活を送っている少年少女達が中心。
b0206877_19391466.jpg

一見オシャレにも見えるが、映像でみるとその衣服は本当にボロボロでおそらく着替えも無く、ファッションで汚したりしているのとは違う感じだった。

当然酒やドラッグの問題も抱えている。

中には10代前半から10年近く路上生活者だったりする青年もいた。

作品を撮っている最中に亡くなってしまった少年もいた。

FINAL CONFLICT 等の当時のバンドのライブ映像が観たくて借りたんだけれど、想像以上に重い映画でした。

出ていたPUNKS達には現在一人でも多く元気でいてほしい。

PUNKSだった頃の面影のカケラもないダサいおっさんや、おデブのおばちゃんになっていてもいいから。

いかりや
[PR]



by t_p_s | 2016-12-13 19:06 | バンド | Comments(0)

12/17土は西荻pitbarへ!

12/17土 西荻pitbarでのmola mola CD発売記念ライブも近づいて参りました!
b0206877_19144763.jpg

この日はキーボード&MIX の濁朗氏が参加出来ないのですが、代わりに大好きなバンド「ごのせん」のひろし君をゲストに迎えてMIXしてもらいながら
のライブを行います。
b0206877_19144853.jpg

こないだの練習も良い感じでした。

ひろし君(右側。左はポンコツの変なおじさん)若いのにしっかりしていて、仕事出来るな〜って感じでした。

この日 練習に使ったスタジオが細かいことにうるさいところで(アホか。二度と使うもんか)スタジオ内での飲酒が禁止でした。

ボーカルのきん君は一滴も飲んでないのに「お酒飲んでませんよね!」とスタジオのにいちゃんに疑われてた 笑

ギターのとばさんは密かにチューハイの500mlを二本くらい飲んでいたのに顔に全く出ないので、気づかれずなにも言われていなかった 笑

17土曜、共演バンドもみんな楽しみだな。

よろしくお願いいたします!

いかりや


[PR]



by t_p_s | 2016-12-05 18:54 | バンド | Comments(0)

【トータルポンコツシステム】
by トータルポンコツシステム
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索